ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.08.20 Saturday

インスタグラム

blog-insta.jpg

 

この度インスタを始めました。

仕事では1年以上前からやってたんだけど、体制が変わって担当から外されたので(=アカウントを乗っ取られてしまったので!)

個人で始めた次第っす。

仕事だとフォローに制限があったりしたけど、今は好きなだけフォローできるので楽しい!

でも、いかんせん、フォロー数と「いいね」が少なすぎる!今まではいかに会社のネームバリューに頼っていたかを身に沁みて気付かされています…

よかったら覗いてみてくださいね。

https://www.instagram.com/lake_lugano/

 

 

2016.08.01 Monday

「お父さんが見た海」三上寛

papa.jpg

 

先日、親父の七回忌の法事があった。

死に別れるのは辛いけれども、「故人」として新しく「死に別れた人」に「再び」ではなく、「新しく」出会うことができる、というような意味の

ことを若松英輔が言っていたように記憶している。

確かに、死んでから、改めて、「死んでしまった親父」という、親父なんだけど正確には死んでいるから親父とは言えない、それでも「おやじ」と

呼んでしまう、その人と出会い、もちろん話しても返事はないから、生前の時と同じように会話をすることはできないけれども、ふとした時に、

例えば今、こうやってキーボードを打っているデスクの隣の本棚の横に貼った父の写真に目をやると、

いや、別に写真とか、墓とか、イベントごととかははいらないんだけど、

ふとした時に、生前のそれとはまだ違った語法で交流が始まって、そこから言葉では言い表せない共振が生まれるんです、確かに。

うまく言えないけど、まぁしょうがない。でもこの感触、大切にしていきたい。

もっと理解して言葉でちゃんと伝えられるようになりたい。

7年経ってやっと、少しだけ、前に進めた、かな。

2015.09.12 Saturday

cy twombly "fifty years of work on paper"

cytw.jpg

洋書店のアートコーナーでいつも気にはなっていても、いかんせんなんと読んでいいのかわからず(笑)なかなか頭にインプットできずにいたんだ
けど、
原美術館で個展をやっている、というので久々に美術鑑賞に行ってきました。
月並みだけど、とってもよかったな。
なかなか脳みそに作品内容が定着しないので、1Fと2Fを何往復もしてしまいました。歳のせい、かな?
でも、今でもまざまざと頭に思い浮かぶのは、白い紙にのった白い絵の具の陰影(稲垣足穂じゃないけど)と、コラージュで紙を張るときに使った
ホッチキスの跡。
売り切れになっていた図録は10月に届く予定。
楽しみ、です。
でも、手ぶらで帰るには忍びなくてポスターを買ってきました!
2014.12.31 Wednesday

wedding@kinuta park on a very sunny sunday afternoon

 

「おまえとちがっておれににどめはないな」と言っていた中学時代の友人が先日、気持ち良く晴れた日曜日に砧公園で素敵な結婚式を挙げました。
Congratulations!!
悪さばっかりして怒られてばっかりだったお母様とも20年ぶりに再会。
「ずいぶん貫禄ついたじゃない」
とはじめてお褒めの言葉をいただいた。
人生いろいろ、山もあれば谷もあり。
個人的に今年は仕事に忙殺されクッタクタにバタバタな一年だったけど、この日のみんなの笑顔ですべてが吹っ飛びました。
Thanks, Tosh!!

ではでは、みなさま、良いお年を〜!!
2014.04.16 Wednesday

anglo & company


いつも外から物欲しげにのぞくだけだった近所のお店に勇気を出して入ってみたら、「どこでもドア」を開けてしまったのか、明けても暮れても釣りのことしか考えていなかった中学時代に迷い込んでました! 
頭に浮かんで来たのは悪友たちと連れ立って行った津久井湖、相模湖、奥多摩、秋川。平日は善福寺や井の頭公園でクチボソ釣りにいそしんでた。タナゴが釣れたらラッキー、みたいな。 
五日市街道沿いにあったマルカツにも毎日のように放課後いりびたっていたなぁ。 
釣り具は国産なのにイキガッてフェンウィックの帽子をかぶったり、下手くそなのにバルサ50を買ったりしてました。 
などと、ひとりノスタルジーに浸ってたらあまりに長居しすぎて出にくくなったのと、その色合いと形に惚れ込んでルアーを買ってしまいました。 
 --- HOBO MD、68mm、10g、YAMAME Gold、SINKING --- 
「あぁ、早朝の湖畔で思いっきり遠くにこのルアーをキャスティンングしたいなぁ〜」 でも釣り道具はひとつ残らず高校の時に売っぱらってしまったことを後悔する今日このごろ… 
こんな思いがまたこみ上げて来たら、またANGLOに行って「どこでもドア」を開けるとしよう! 

Anglo 154-0017 東京都世田谷区世田谷1-21-9 Tel:03 3439 6177 営業時間:水〜日曜日 13;00〜20:00
2014.02.16 Sunday

内藤廣展「アタマの現場」

naoto4.jpg

内藤廣の個展に行って来た。
この人が建築について語ると、それは「建築」というフレームを軽く飛び越え、より普遍的な言説として帰納・演繹する。
2020年東京五輪の国立競技場の建設計画に対するこの人の見解に僕は賛同します。

naito2.jpg

naito7.jpg

『この約10年間、ひたすら走り続けてきた。わたしの頭は、身の周りで拡大していく領域に追いつくのがやっとで、いまだに整理整頓がついていない。
それはひとつの混乱状態ともいえるもので、山積みになった本と処理し切れない書類の束と懸案事項の図面とに囲まれたわたしの仕事場さながらである。 
展覧会では、ひとりの建築家として、混乱しつつ拡大してきた領域を背景に、それでも思考の基点として基点としていつも建築に立ち戻ることで
自分自身を保持してきた、わたし自身の「アタマの現場」をお見せするものになると思う。』 

naito3.jpg

『私は凡庸な人間だ。振り返ってみれば、幾つかの幸運に恵まれたことは確かだが、特別な才能があるわけではない。
だから、わたしにできることは、誰にでもできることだと信じている。展覧会を見て、もし共感してもらえるところがあるのなら、
それはあなたにもできることだ。 わたしの「アタマの現場」と同様、世の中の混迷は続いている。
ひょっとしたらこれは、「終わりのない物語」の始まりなのかもしれない。これからは、すっきりとした結論などどこにもない、ということに
耐えねばならない。
一方で、その耐えることの中で、この建築の文化は、ようやく成熟する時を迎えるのではないかとも思っている。ひょっとしたら、求められているのは、
そしてわれわれがたどり着く先は、「偉大なる凡庸さ」のようなものかもしれない。』

naito8.jpg

naito5.jpg
2014.02.03 Monday

fuglen tokyo / roastery

cafe3.jpg

「サードウェーブ」も「フレンチプレス」も知らないけど、大阪の友人に頼まれてカフェのリサーチに行ってきました〜
まずは代々木公園のフグレントウキョウ。おしゃれな内装の店内は満員。テイクアウトで飲んだカプチーノ、美味しかった!!
ちなみに店内で使われてる家具はすべて販売してる、とのこと。今度、またゆっくり来ようっと。

cafe1.jpg

cafe2.jpg

続いて、三宿にあるNOZY COFFEEが神宮前にオープンしたROASTERY。フグレンの洗練された落ち着いた雰囲気はなかったけど、
ブルックリンっぽいザクッとしたカンジ(行ったことないけど…)がカッコ良かった!

cafe6.jpg

cafe5.jpg

cafe4.jpg

cafe7.jpg

ぜんぜんリサーチになってない…
もっとコーヒーのこと、勉強しよっと!!
2014.01.05 Sunday

賀正


あけましておめでとうございます!
ゆっくりできる、と思ってたのに9連休もあっという間に終わってしまった…
さてさて今年はどんなことがあるかな?
トミー・ゲレロの「Life is a Gift, Let's Enjoy!!」を座右の名に、がんばります〜
どうぞ、よろしく、お願いします!!

2013.12.31 Tuesday

dear all


今年は仕事に明け暮れてあっという間に終わってしまった…。まぁ、40半ばで異業種に転職したから致し方ない、としましょう。 
このブログも隔日更新を唯一の決めごとにしてたけど、あえなく挫折。 
途中、忙しさのあまりやめちゃおうかな、とも思ったこともあったけど、でも、やっぱり続けててよかった、と思う今日このごろ、です! 

今年はいつになく本を読んだ。 
これまでの生き方、これからの生き方、ひととの関わり方、まわりを取り巻く環境、選挙にともなう政治や経済への疑問…などを再考するためのヒント
を書物の中に求めた。 
なかでもレヴィ・ストロースをはじめとする構造主義と、そこから派生してソシュールの言語学とかモースの「贈与論」とかに出会えたのが大きかったな。 
あと、久しぶりに保坂和志を読み直して多いに学ぶことがあった。「未明の闘争」これからじっくり読みます! 

音楽はドローンとノイズばっかり聴いてたので、10月にリリースされたティム・ヘッカーの「Virgins」は内容的にもタイミング的にも今年を象徴する一枚
でした。 
あと、フィールドレコーディングに開眼できたのが収穫。来年はクリス・ワトソンとか、たくさん聴きたい、です! 

っというわけで来年は仕事をうまいことセーブして、もう少し余暇を充実させたい、と願うばかり。 
今年も個人的で拙いブログに付き合っていただきありがとうございました。 
来年もマイペースに更新していこうと思いますので、引き続きよろしくお願いします!!
2013.12.27 Friday

bbc world news

bbc1.jpg

「月々¥945。パラボラアンテナはキャンペーン中で無料。」
英語力アップに何度も挫折した自分に最後のチャンス!

bbc2.jpg
Powered by
30days Album