ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.03.09 Sunday

chikuni "10 watts"


chikuniさんのショップ兼アトリエ「10 watts」に行ってきました。
バレー教室を改装したという古いビルの3階からのロケーションは見晴らしが良く、素晴らしい空間構成と相まって、ついつい長居してしまいました。
欲しいものがたくさんあった中から吉田次朗さんの作品を購入。
また近いうちに絶対行くぞー!

2014.02.25 Tuesday

truck furniture

truck1.jpg

憧れの家具屋、トラックに行って来た。閉店前に駆け込んだのでゆっくり出来なかったけど、想像していた以上に素晴らしいお店だった。
いや、お店というよりは、広いギャラリーで展開されている空間インスタレーションのよう。
他にお客様が二組いたけど、店内の穏やかな雰囲気が作用してか、まるでホテルのロビーでくつろいでいるみたいだった。
移り変わりの激しいこの時代に、進化しつつも、ぶれることのない信念を持って、他に迎合することなく、独自のライフスタイルを提供し続けること
ができる、って本当にすごいな、って思う。
また、来よう、近いうちに、と思ってお店を後にした。
うん、また来よう、近いうちに。

truck2.jpg

p.s. 記念に手のひらサイズのフランス製アンティーク模型飛行機を買ってきました〜!
2014.01.28 Tuesday

the floating school of makoko by NLE architects

school5.jpg

過酷な環境に立ち上がる力強くも美しい造形。ナイジェリアはラゴスの、海に浮かぶ公立学校、だそうです。アメイジング!!

school6.jpg

school7.jpg

school8.jpg

school9.jpg

school10.jpg

school4.jpg

school2.jpg

school1.jpg
2013.12.15 Sunday

コールハーン


この一年酷使したコールハーンのモカシンのソールをダナーのビブラムに替えました〜 
学芸大学のBrown Shoesさん、ありがとうございました!!
2013.09.07 Saturday

on the beach

beach1.jpg

beach2.jpg

beach3.jpg

こんな図書館、日本のビーチにもあったらいいなぁ!!

beach4.jpg

beach5.jpg
2013.04.30 Tuesday

内藤廣


家具職人からアンティーク家具の修理に転職したのは13年前。そのころは北欧やらモダンが人気で、日がな一日アンティーク家具と格闘している身に
建築家・内藤廣の時間への言及はモチベーション維持におおいに役に立ちました! 

「建築というと、一つの空間をつくりだすことだと思っている人も多いかもしれませんが、僕はそう考えてはいません。もちろん、建築というのは壁や屋根や床などによって形づくられるわけですが、形(空間)ができたら終り、というわけではなくて、人びとがそれを使い、そこで過ごす時間をつくることが、『建築』ということの本質なのではないか、と僕は考えています。公共建築であれ個人住宅であれ、外見がどれだけ美しくて、どんなに立派な空間ができるか、ということよりも、そこで人びとがどんな時間を過ごすか、年を経るごとにどんな記憶が生み出されるかの方が大切だと考えています」 

「20世紀は時間を圧縮する文化です。モダニズム、要するに近代建築運動の取っ掛かりの頃から、時間について意図的に言及しないようになっている。だからコルビュジエの近代建築の5原則に『時間』は出てこない。CIAM(近代建築国際会議)の宣言の中にもない。それはどうしてかというと『時間を考えないとしたら、人間の生活はこんなに自由になる。建築の形式も多様性を持ち得る』ということ。だからコルビュジエのサヴォア邸も、ミースのファンズワース邸も白い。なぜ白いかといえば、ウェディングドレスと同じで、白は次の日から汚れるわけ。白く塗るということは、時間をとりあえず建築の構成要素としてはないということにしようということ」 

蛇足だけどモデルの菊池亜希子さん(ファンです!)が内藤廣の「建築のちから」を愛読書にあげてたのにはおったまげました〜
2012.12.09 Sunday

antiques tamiser


そっけなくて、無愛想。でも、その圧倒的なセンスに引き寄せられてしまう。 
アンティークス タミゼはそんな、お店。 
いつ行っても感動がある。お店自体がひとつの作品のよう。 
麻布十番のころからの大ファンです。 
坂田和實さんが「長島茂雄」なら、吉田氏はさしずめ「イチロー」、かな?!
2012.10.19 Friday

painter unknown

unknown1.jpg

とある家具屋さんにディスプレイされていたのを惚れ込んでしまい、交渉の末、譲ってもらった絵を部屋に飾ってみました! 
なんだかロバート・ワイアットの歌声が聴こえてきそうな、優しくもセンチメンタルな絵だと思いませぬか?! 
それにしても、やっぱりアートのチカラはスゴい!部屋の雰囲気がガラリと変わりました!!インテリアの微力を痛感しました。 
でも、そんなエラそーなことを言いつつも、部屋は一面砂壁、という現実……(涙) 
早く引っ越したい!!

unknown2.jpg
2012.10.09 Tuesday

truck furniture

truck1.jpg

このカタログをタワーの洋書コーナーで見つけた時の感動は今でも覚えてる。 
もう14年前になるんですね。 
ちょうどボクがこの世界に入った頃です。 

I still remember when I found this book at Tower Records Shibuya. 
14 years ago, just the same time as I started my career in interior business. 

truck4.jpg

このカタログも素晴らしかった! 
This book was also cool! 

test3.jpg

そして、また、素敵な、素敵な本が出ました!

And here comes their new one!!
2012.09.25 Tuesday

swimsuit department

peru1.jpg

ペルーから新しい友達が仲間入り!
これも「夜フリマ」でゲット!!

New friend from Peru!
I also got this at "night flea market"!!


peru2.jpg
Powered by
30days Album