ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「最後の吉本隆明」勢古浩爾 | main | moritz von oswald trio "sounding lines" >>
2015.06.17 Wednesday

ornette coleman "chappaqua suite"


音楽理論に疎い僕みたいな人間にとってジャズを聴く際は、結局そのトーンで善し悪しを判断するしかなくて、
(ハーモロディック理論、いまだに理解できず…)
そういう面でいくと、この人の音はキレイで軽やかなので、とっても好き、です。
ジャケ的には「ヴァージンビューティ」、思い入れではLonely Woman収録の「ジャズ来るべきもの」だけど、なんだかんだで一番聴いた回数が
多いこのアルバムを。
テニスコーツの植野氏がチャーリー・パーカーのウィズストリングスとともにフェイバリットに挙げていて、必死になって探したっけな。
検索してみたら再発されていたんですね、知らなかった。
R.I.P
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album