ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< spectator「コペ転」 | main | 保坂和志「キース・リチャーズはすごい」 >>
2016.06.27 Monday

mick goodrick & joe diorio "rare birds"

goodrick.jpg

 

チャーリー・ヘイデンのLiberation Music Orchestraに参加していた、ということはもとより、パット・メセニーの師匠、ということで名前だけは

覚えていたミック・グッドリック。

ずっと気になっていたギタリストだったので、中古盤でこのCDを見つけた時は迷わずに買いましたッ。

オーバダビングはなく、純粋にギター2本だけの演奏は、曲が曲として成立するか破綻するかの、ギリギリのラインで繰り広げられる、自由奔放な

インタープレイがとにかく気持ち良い!

ほどよい緊張感と浮遊感。透明感あふれる澄んだトーン。輪郭のはっきりしない、淡い色彩の点描の動画が、うねるように、脳内を駆け抜けていく

カンジ、とでも言えばいいのかな?

今、検索してみたらアマゾンだと結構高いみたいだけど、ガルシアのファンやUndercurrentが好きな人にはオススメ、です!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album